レビトラの服用方法

水の入ったグラス

さまざまな種類があるED治療薬ですが、効果もさまざまなので服用方法も異なります。初めてレビトラを服用する人は、なおさらレビトラの正しい飲み方を知らないことも考えられます。

「飲んだら、勃起する」それだけのことでしょ、と思う人もなかにはいるかもしれませんが、そんな簡単なことではありません。

目に見える症状としてはそれだけかもしれませんが、勃起を促すためにED治療薬を服用したら、ペニス周辺の血管が拡張することが深く関係しているのです。

こうした働きから、副作用を起こす可能性や他の薬との併用によって良くない作用をしてしまう危険性もあります。

レビトラも薬である以上、こうしたリスクを避けるためにも正しい服用方法を知って、きちんと方法を守ることが大切なのです。

ED治療薬で有名なバイアグラやシアリスよりも即効性がある、レビトラは服用から20分程度で効果が現れ始めます。

すぐに効果のピークがあらわれるわけでは無いので、セックスの約1時間前には飲んでおくようにしましょう。

1回の服用量は10mgとして、1度飲んだら24時間は間隔を空ける必要があります。もし10mgで効果が得られなかった場合には、成人に限り医師へ相談の上20mgまでなら増量も可能です。

しかし65歳以上の高齢者や肝機能に問題がある患者に関しては、5mg〜10mgの範囲内で1回の服用量を定めましょう。服用の間隔は成人と同じです。

こうした服用量や回数を守らなければ、酷い副作用があらわれやすくなったり持病を悪化させてしまうことがあります。

自分自身の安全のためにも、正しい服用方法を知ってED治療薬レビトラを服用することが大切です。通販を利用するなら、商品到着前に知っておきましょう。