レビトラ通販はED治療薬初心者にオススメ   >   レビトラの副作用を知る

レビトラの副作用を知る

頭痛に悩まされる男性

ED治療薬のレビトラは、陰茎周辺にある筋肉の緊張を緩めることで血行を良くしてくれる働きをします。その作用によって、勃起しやすい状態を作りだします。

ただし服用後の副作用として、ほてりや頭痛が起こることもあります。他にも鼻づまりやめまい・動悸などの症状も報告がありますが、数時間で治ることがほとんどです。

またごく少数ではありますが、一過性の視覚異常や持続性勃起症が起こったという事例もあるようです。

視覚異常に関しては、まぶしい・青と緑など色の区別が難しい、というような見え方をしてしまう症状が起こる可能性があります。

万が一急激な視力低下などを含めた視覚異常が起こった場合には、早急に眼科を受診しましょう。

持続性勃起症については、4時間以上勃起ものあいだ続くことで痛みを伴う状態をさします。レビトラの服用による症状であるか、確実に分かっているわけではありませんが念のため注意しておくようにしましょう。

視覚異常や持続性勃起症については、いずれも滅多に起こる症状ではありません。しかし知っておくことで万が一起こった場合に、比較的落ち着いて対処することができるはずです。

軽い副作用が起こることについては、きちんと作用している証でもあるので効果があるといえます。

ただ重い副作用の場合には、服用量の誤りや体質に合わないなどが原因で作用が強くあらわれすぎていることが考えられるので、病院を受診して医師の指示に従いましょう。

作用を強くしすぎない為にも、正しい飲み方をすることが大切です。飲み方を守り、安全にED治療薬を利用しましょう。

レビトラ通販を利用するうえでは、全て自己責任になるので副作用の症状や正しい服用方法を事前に知っておくことがオススメです。